川野マッサージはり灸院


患者さんの声


 <Mちゃん 小学6年生>
わたしのおばあちゃんは、川野先生のところに3年間通っています。
3年前は、悲劇のヒロインのように通っていたのが、今は素敵なハッピーエンドがむかえられそうなくらい
「今日は、鍼なの♥」
と言って行っています。
3年前は、全く寒くもなく暑いくらいの時に、寒いと言って震えていました。
でも川野先生のところに行ってからとても良くなったみたいです。行くたびに、楽しいことを言ってもらっては、大笑いしながら帰ってきます。その中で、おばあちゃんが嬉しそうに何度も言っていた先生の言葉は
「僕がダイエットできるのとMさんの病気が治るのと、どっちが早いか競争しましょう」
と言ってもらった事です。まだ決着はついていませんが、どちらも頑張っています。
今、おばあちゃんは、治すというより、おしゃべりを楽しみに通っています。
今日もおばあちゃんは元気で〜す

 <Fさん 40代 女性>
私は6年間、スーパーのレジの仕事をしてきました。
4年ほど前から、手、腕、肩、首の順に痛くなり、毎日シップを何枚もはって仕事を続けていましたが、去年の夏頃から、右手、肩、首がひどく痛く、耐えられなくなり、仕事を休んでいます。
それまでの間に、脳神経外科、整形外科、麻酔科、婦人科などで検査したり、診てもらいましたが、なかなかよくなりませんでした。
毎日家で休んでいてもよくならないし、早く治して仕事に復帰したい想いが、日々強くなっていきました。
母から「はり治療はいい」とか、他のひとからも「はりはいい」と聞いていたのですが、今までは「痛くて怖い」というイメージが強くて躊躇していました。でも、こんなに毎日痛いのなら、はりの痛みにも耐えられる、早く治したい、という気持ちで「川野マッサージはり灸院」に電話予約をしました。
3月10日から約1か月半、週2回のはり治療を受けました。
あんなに痛く辛かった、手、腕、肩、首の痛みがうそのように消えて、痛みを忘れるような日が訪れたのです!
本当に嬉しいです!
川野先生には、はり治療をしていただきながら、私の愚痴や悩みなども聞いていただき、私も自然と話せて、精神的にもとても癒されました。
痛みは、精神的なものも影響しているんだと気づきました。
痛いときは、仕事のことなど考えられませんでしたが、今は少し和らぎ、仕事ができるようになっても、週1回ははり治療に通い、川野先生に仕事の事など話せたら嬉しいです。
川野先生の温かなお人柄に本当に感謝しております。


 <Yさん 30代 女性>
私の仕事はコンピュータを使ったデスクワークが中心で、常に頭痛、肩こり、眼精疲労に悩まされます。私は筋肉が緊張していると眠れなくなるため、一層疲れがたまるのです。
これを解消するために私は週1回のペースでマッサージをうけています。マッサージをうけると筋肉の緊張がとれ、深く眠れるようになり、その結果疲労が軽減されるからです。
いろいろなところを試しましたが、川野院長は技術が確かで信頼できる上、料金もリーズナブルなので通うことにしました。
これからもバリバリ働き続けるために、マッサージを続けたいと思っています。


 <Tさん 60代 女性>
忘れることもできない昨年9月24日。どうして転んだのか分からないのに、ライフの前ですってんころりん。その時、胸がドキドキ。やっとの思いで我が家へ。それ以来血圧が高く(176くらい)、ずっと「低血圧だ。」と信じていた私にとってはこの上ないショックでした。
S病院にて全身検査をしていただいたがどこも悪くないとのこと。そこで、近くのお医者様へお世話になることになったものの、血圧は高くなったり低くなったり、心臓も何となく動悸がして外出することがとても怖くなるばかり。体と共に心まで元気がなくなり、季節も秋から冬へ・・・。私の心もすっかり冬心。
一人で家にいると不安ばかりが募り何事もないのに涙が出る日々。毎日のように友達が訪ねてくれる事を待ち、そして気を紛らす。それと共に主人の帰りを待ち、一日の事を話すことにより心を落ち着ける。それでも、眠れぬ日々が続き体重までも減ってゆく。私の心は「不安」それのみとなる。そのうち、お腹までも痛みだし大腸検査をする。しかし、その検査も異常なしとのこと。内科の先生も心穏やかにと整腸剤をくださったものの一向に治ることもなく、それどころかだんだん痛みは増すばかり・・・。
そんな時主人が、「こういうときは、はりだよ。もう西洋医学じゃなく東洋医学だよ。」と言い出した。それを聞いていた長女が「私がずっとマッサージに通っている先生の所に行けばいいよ。私は、いつも先生から心を感じているから安心してまかせてみれば。」と話した。私にとって『はり=怖い』という思いはあったのですが、決心をして川野先生の所に電話をいれ予約をした。先生に色々と説明をしながらお話をしていると、何か私の心が落ち着き、初めて私の痛い所を理解していただき、「はりで治りますよ。」と先生のお言葉。この言葉の重み、そして安心感。初めてはりをしていただいたとき、今までの涙も、一人胸の中で悩んでいたフツフツとした思いもスーとうすらいでいく自分がそこにいたました。
結局、背中が曲がっていて、その背骨と神経からの痛みだったとのこと。何回かお世話になりながら色々なお話をさせていただき、いっぱいいっぱい人生の勉強もさせていただきました。はりの治療はもとより心の中の治療もしていただき、今は、友達と会っても「あの頃の顔とは全然違うよね。」と言われています。
あの手の動きと、治療中のラジオの音色と先生の会話。今の私の宝物です。


 <Hさん 60代 女性>
私の川野先生マッサージ歴は、15年ほどになります。
ストレスがたまり、めまいがして朝起きれなくなり、お医者さんにかかったことを友人にこぼしたところ、その友人が既にお世話になっていた川野先生を紹介してくれました。藁をもつかむ気持ちで早速マッサージしていただいたところ、本当に心身ともにほぐれ、リラックスできました。
また、「ぎっくり腰」になってしまった折には、治療院へ来る時は自分の足を自分の手でヨイコラショと持ち上げて車に乗り込み、必死の思いで運転してたどり着くのですが、はり治療を施していただいた帰途は、手を借りずに?乗り込むことができました。


 <Mさん 50代 男性>
私は、47歳という年齢で脳梗塞を患いました。
右半身がマヒし、動かなくなりました。でも、すこし軽かったせいか、リハビリに専念したせいか、ほぼ元どおりになりました。
しかし、後遺症のせいか、以後右足に寒いときや疲れのある時は、足をひきずるようになりました。
そんな時に川野マッサージはり灸院の先生と出会いました。
はり治療及びストレッチをしてもらった結果、動きが悪くなっていた足に、暖かさと解放感を感じました。
はり治療は、後遺症の残った足首付近に対して、足全体へのツボの治療を行ってもらいました。はりによる痛みを心配しましたが、まったくありませんでした。さらにストレッチにより、腰から足へと身体をほぐしてもらいました。
おかげさまで、厳寒の信州に住む私でも、外の仕事を無事つとめてくることができました。本当にありがたく思っています。


 <Nさん 40代 女性>
私は、肩こりと耳鍼ダイエットと顎関節症の治療をしていただきました。
もともと凝り性な上に毎日パソコンに向かっているので、肩と首の凝りがひどいのです。 デパス(安定剤ですが肩こりにも効くお薬)や筋弛緩剤を飲んだり主人にもんでもらったりしてもどうしようもない凝りで頭痛も激しく、ある日泣きたいくらいの気持ちですがるように電話帳をめくり、予約を取って川野先生の所を訪ねました。
初めは集中的に一日おきくらいで徐々に間をあけて・・・
いまでは少し凝ったかな?と感じるくらいまでに改善されました。
先生様々です。
あと、うつ病で薬を飲んでいるので、その副作用か15キロも体重が増えてしまったので、耳鍼ダイエットを試みました。 耳鍼をすると食欲が抑えられます。プラス運動(ウォーキング等)もやって食事制限もしましたが、5か月弱で8キロ減量しました!いまは食事制限と運動だけです。
鍼のおかげで体質が改善されたようです。異常な食欲が止まりました。
あとは顎関節症がもともと両側にあって、たまに痛みが出ます。今回左側が痛くなって昨日鍼をうっていただきました。するとあら不思議。治療が終わったとたん口を開け閉めするときの痛みがまるでなくなっていました!
今日はモノを食べるとまた痛みが出てますが、またやってもらえば徐々になくなっていくでしょう。
とても気さくな先生で、いろいろと話しやすく、治療もリラックスしてやってもらえます。


 <Yさん 30代 女性>
報道の仕事をしており、日々のニュースや人間関係などストレスで胃に穴があきそうなことがあります。川野さんのところでは、お腹と腰にはりを打っていただいていますが、施術後はすーっとして、楽になった気がします。はりは、受ける側があまり緊張して体をこわばらせていると、ききが悪いらしいですね。その点、川野さんには安心してお任せできます。川野さんの手のひらは大きくて温かく、人柄は誠実。ずっと通い続けているのも、技術だけではなく、院長の人柄への信頼感が大きな理由になっています。ちなみに私は腰痛との付き合いは長く、中学生のころから何カ所かマッサージや鍼灸院にかかってきましたが、なかなかここ、というところが見つかりませんでした。今、川野さんは私にとって「駆け込み寺」的存在。忙しすぎて行かれない時もあるのですが、ちょっとつらい時も「何があっても、川野さんがあるから大丈夫」などと言い聞かせて自分を励ましています。